【産科医直伝】妊婦に摂ってほしいサプリメントは、○○だった!

【産科医直伝】妊婦に摂ってほしいサプリメントは、○○だった!

こんにちは、妊娠7か月のミナです

 

妊娠しているときって、生ものは控えるように・・・とか

カフェインは少なく、糖分も気を付ける、脂質・塩分は控えめに!

 

でも、野菜や良質なたんぱく質はたくさん摂ってください!と食事指導されますよね

 

摂っちゃいけないものや、摂らなきゃいけないものが多くって把握するだけで大変!!

 

栄養管理しなきゃいけないけれど、

  • そもそも悪阻で食べられない
  • 妊娠して料理もキツイ

 

 

それなのに主食、主菜、副菜を毎食用意して、栄養たっぷりな食事なんてムリなもんはムリ!!!

もう生きてるだけで精一杯ですからああああああああ

と、正直健康な食生活までコントロールしにくいのが

妊婦のホンネじゃないでしょうか

 

そんな妊婦さんにオススメしたいのがサプリメント!

 

私もうまくご飯を食べられないで体重の増えない妊婦ですが、

食べられなくっても、

 

「でも、サプリ摂ってるし」

罪悪感から解放されて心が軽くなったし、

 

赤ちゃんの発育にもいいものや悪阻を軽減する栄養素を

産科の院長先生に教えてもらったので、皆さんも試してみてください

 

 

産院オススメ栄養素はコレ!

つわりで食べられない・・・という罪悪感を消すだけでなく、

頭痛・吐き気・関節痛等にも効果があるので、オススメ!

 

産科医の先生が特に摂ってほしいと言っていた栄養素がこの5つ

  1. ビタミン
  2. カルシウム
  3. DHA
  4. 葉酸
  5. 鉄分

 

その栄養素が摂れる私が実際に飲んでいるサプリメントと、病院オススメのサプリメント(ビーンスターク)を紹介しますね

 

ビタミン

ディアナチュラ『ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル』

 

39種類も入っていて盛りだくさん!

なぜ病院推奨のビーンスタークにしなかったかというと、ディアナチュラは、単純に価格が安くて続けやすい&同じものがドラッグストアにあるので買いやすいからです

 

この『ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル』は

私が特に気にして摂りたかった

  • ビタミンB₂・B₆
  • 鉄分

が摂れちゃいます

 

このビタミンB₆つわりの症状を緩和すると言われています!

病院でも効果を感じる妊婦さんもいたと言っていたので、

ムカムカ感や吐き気に効果があるものなら、ぜひ摂取したいですよね

 

また、ビタミンB₂ビタミンB₆の吸収を助けてくれる効果があるので、

セットで摂って、つわり軽減効果を最大限高めていきましょう!!

 

私は先生からアドバイスをもらってからサプリメントをその日に買って、毎日飲むようにしました

ビタミンB₆を飲んでからは悪阻があっても、起き上がることができるようになったので、つわりを少しでも軽減したい方は試してみてください♪

 

同じようなマルチビタミンのサプリメントは各社から出ていますが、

悪阻を緩和するなら、ビタミンB₆とB₂が入っているか

パッケージを見て確認してくださいね!

 

 

鉄分

鉄分は、妊婦は血液量が通常時の1.4倍にまで増えるので

その分血液の濃度は下がり、貧血症状を引き起こすので、なるべく多く鉄分を摂った方がいいとされています

 

ただ、鉄分もなかなか毎日食事でとり続けるのも難しいので、

サプリで補っていきましょう!

 

そして、ビタミンCと一緒に摂取することによって

吸収率を高めてくれるので、

マルチビタミンの錠剤でなにもしなくても効率的に摂れるのも魅力的♡

 

 

カルシウム

ネイチャーメイド『カルシウム』

created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥743 (2019/07/18 22:29:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

実は胎児はものすごくカルシウムが必要!!

 

赤ちゃんは一から骨を形成するので、たくさんのカルシウムを要します

 

そして、胎児に十分なカルシウムが行き渡らなくなると、体はママの歯や骨からカルシウムを溶かしだして、カルシウムを作り出してしまうので、

結果、ママは将来的に骨粗しょう症になるリスクが高まってしまうんです!

 

私も長男妊娠中に骨密度の検査を病院でしました

その頃は割と気にしてヨーグルトや牛乳を飲んでいたので、大丈夫だろうとたかをくくっていましたが、

20代女性の平均値よりもだいぶ低くなっていたので愕然としました 涙

 

さらに、カルシウム不足になると血圧もあがるので、

妊娠高血圧症候群にもかかりやすくなります

 

胎児と将来の自分の健康のため、妊娠中は積極的にカルシウムは摂っておきたいですよね

 

摂り方のポイントとしては、カルシウムマグネシウムと一緒に骨を構成するので、合わせて摂取するのが効果的です

先ほど紹介した『ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル』にもマグネシウムが含まれているので、一緒に飲めばOK!

 

私が通う病院ではこちらの商品を推奨していました

食べるタイプと水で飲むタイプがあります

 

 

 

 

DHA

ママのDHA

created by Rinker
森永乳業
¥1,212 (2019/07/18 21:43:13時点 Amazon調べ-詳細)

魚に多く含まれているDHA

魚は好きだけど、頻繁に意識してメニューに入れていくのって

なかなか厳しいので、食べられない日が続くときは

こちらもサプリで摂っています

 

 

DHAは自分のためというよりも、胎児の言語能力UPにつながるという研究結果があるそうで、そのために飲んでいます(病院でオススメされた)

 

ほかにも、子どもが発達障害になりにくい等の論文も出ているので、

まだまだDHAの効果は未知数ですが、摂って悪いものではないので

私は積極的に摂っていきたいと考えています!

 

母乳にも含まれるそうなので、授乳期にも飲み続けていきたいです

 

私が通う病院ではこちらの商品を推奨していました

 

 

 

葉酸

ディアナチュラ『葉酸』

created by Rinker
ディアナチュラ
¥360 (2019/07/18 18:42:30時点 Amazon調べ-詳細)

葉酸は妊婦必須の栄養素!

胎児が細胞分裂をおこなうのにものすごく重要なので、

厚生労働省も妊娠1か月前から妊娠3か月までは特に摂取を推奨しています

 

それは、葉酸は「神経管閉鎖障害」の「無脳症」と「二分脊椎症」のリスクを減らす効果があるため

脳障害を未然に防げるならママとしてはキチンと摂りたいですね!

 

もちろん、そのほかの妊娠中期~母乳期にも

流産・貧血予防や子宮の回復力を高めたりといい効果をもたらすので

続けて摂取していきたいサプリです

 

私が通う病院ではこちらの商品を推奨していました

 

 

 

 

まとめ

「ほかのママは食事のバランスを気にして健康な食生活をしてるんじゃ?」

「悪阻で辛くても頑張らなきゃ」

・・・なんて、つい自分を責めて考えてしまいますが、

 

せっかく気合を入れて一汁三菜の食事を作っても

栄養含有量は高いけど吸収率が悪い食べ物だっていっぱいあったり、

食べたのに無理がたたって悪阻で吐き戻してしまったり、

必ずしもがむしゃらに頑張った分だけ報われるなんてものでもないと思うんです

 

料理や食事が楽にできるようになったら、改善して

サプリメントの量を減らせばいいんだ!くらいに考えて

ママは気持ちに余裕を持つことが大切!

 

だから、病院でもサプリメントを勧めてくれたんだと思います

 

自分の心身の健康と、赤ちゃんのために

サプリメントをうまく取り入れて残りの妊娠生活、なんとか乗り切っていきましょう♪

 

ミナでした、またねー!

 

 

 

妊娠・出産カテゴリの最新記事