【家庭用高圧洗浄機】AR Blue Clean AR391Plusコンプリートセットをケルヒャーと比較&レビュー!

【家庭用高圧洗浄機】AR Blue Clean AR391Plusコンプリートセットをケルヒャーと比較&レビュー!

こんにちは、ケルヒャーのCMで高圧洗浄機に憧れを抱いていたミナです

 

前々からやらなきゃなーと思ってはいたんですが、ずっとベランダ・駐車場・玄関の掃除を怠ってきました

 

でも、そろそろ見るに堪えなくなって、

高圧洗浄機を買って、掃除しよう!と決意

 

ただ、高圧洗浄機って高いんですよねー・・・

Amazonのタイムセールや、家電量販店の決算セールを狙ってみましたが

それでも、欲しいモデルは3万以上する・・・・

 

そんなときに、COSTCO(コストコ)に、

セール価格で¥ 18,300 と激安になっていた

AR Blue Clean AR391Plusコンプリートセットを発見し、思い切って購入しました!

 

安いのはいいけど、使用感やケルヒャーと比較したら、性能や価格は適正なのか?

気になりますよね!

 

ということで、

【家庭用高圧洗浄機】AR Blue Clean AR391Plusコンプリートセットをケルヒャーと比較&レビュー!

アノービリバベリー社:AR BLUE CLEAN 391PLUSキャンペーンセット 391PLUS-SET 型式:391PLUS-SET

 

 

AR Blue Clean(ブルークリーン)って何?

私も、コストコで見るまで名前も知らなかったんですが、

アノービリバベリー社が製造している、家庭用高圧洗浄機だそう!

ヨーロッパではかなりメジャーな高圧洗浄機ブランドで、

全世界で100万台以上の販売実績があります

 

イタリアのメーカーらしい優れたデザインと性能が特徴!

アノービリバベリー社:AR BLUE CLEAN 391PLUSキャンペーンセット 391PLUS-SET 型式:391PLUS-SET

確かにスタイリッシュでカッコいいですよね

 

BLUE CLEAN 391PLUSのスゴイところ

自給式対応

高圧洗浄機は、水道にホースを繋げて水を汲むタイプが一般的ですが

BLUE CLEAN 391PLUSは水道直結式、バケツから汲み上げる自給式どちらにも対応しています!

自給式対応だと、水道が近くにないベランダのような場所でも、バケツから水を汲み上げて家中どこでも、洗浄することができます!

10mのホースもついているんですが、10mって意外と短くって、我が家は庭の水道からだとホースが玄関まで届かなかったので、バケツから汲み上げて掃除しました

この機能がないと、さらに長距離ホースを購入しなくてはいけなくなったりするので、地味にありがたい機能です!

 

オールインワンなボディ

洗剤タンクも本体についているし、ノズルも横にスチャッとしまえるので、

パーツがバラバラとしないでスッキリ!

 

本体も車輪がついているので、コロコロして運べます

ホースリールも本体に備わっているので、終わったらハンドルをクルクルして巻き上げれば、片付けも完了!

ズボラな私には、全部が一箇所にまとまっているってスゴイ楽でした♪

 

 

洗浄力は文句なし!汚れ激落ち

駐車場で使ってみました

この2年間溜めにためた汚れが、一瞬でドシャーっと流れていきます

気持ちイイィィィィ!!!

コンクリートの色がみるみる変わっていって、おもしろい!!

夢中で汚れ落とししてしまいました

before

 

after

ザっと高圧洗浄機で吹きかけただけで、この威力!

ブラシでゴシゴシも必要もなく、女性でも簡単にできますよー

 

音や汚れ落ちは動画で確認してみてください♪

 

うちの汚ーい玄関も、

高圧洗浄機をかけたところはキレイに!!

違いが一目瞭然!

 

他にも、車の洗車網戸掃除など、使い方はたくさんあるので、想像以上に活躍してくれる機会は多いなーと感じました

 

ただでさえ、洗濯物や食器洗いで家事は手一杯なのに

手でごしごしやってたら、いくら時間あっても足りない!!

・・・買ってよかった!!と思っています

 

 

AR Blue Clean AR391Plusコンプリートセット内容

  1. スプレーガン
  2. ロータリーノズル付ランス
  3. 可変ノズル付ランス
  4. ワンタッチ蛇口
  5. ソープノズル
  6. 給水ホース
  7. ベランダクリーナー

 

コンプリートセットの名にふさわしい充実度!

これだけあれば、オプションで色々なアクセサリーをつけなくても

家まるごとお掃除できちゃいました!

 

ワンタッチ蛇口もついているので、そのまま水道にガッチャンとドッキングできます

一番便利だなーって思ったのは、『ベランダクリーナ-』

 

水がハネないので、場所を選ばず、玄関やベランダなど周辺が濡れてほしくないところで大活躍してくれます♪

ケルヒャーの公式オンラインショップで似たようなものを購入すると、12,398 円もするので、最初からセットでついているのは、かなりお得です!

 

セット内容については、スーパー工業さんの動画がわかりやすいです

 

 

 

AR Blue Clean AR391Plusの性能

ケルヒャーと比較すると、どっちがいいの!?

AR BLUE CLEAN 391PLUSがどれほどの性能なのか、わかりやすくなじみ深いケルヒャーシリーズのK3・K4と

  1. 洗浄効率

  2. サイズ・重量

  3. セット内容と価格(2018/6/11時点)
  4. 静音性
  5. 定格電圧

この5点で比較したいと思います!

 

まずは、価格もお手頃で、人気の高い

KARCHER サイレント K3シリーズと比較

KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー 高圧洗浄機 サイレント1.601-448.0 K3SLB/5 【50Hz東日本地区用】

商品名 BLUE CLEAN 391PLUS KARCHER サイレント K3SLB
電源(V) 100 100
最大吐出圧力 (MPa) 10 10
吐出水量 (L/h) 420 360
サイズ(長さ×幅×高さ) (mm)  340×418×863 331 x 286 x 563
重量(kg) 12.4(アクセサリー含む) 10.3(本体のみ)
消費電力(W) 1400 1300
価格 ¥ 18,300(COSTCO) ¥ 18,810(amazon)
最高給水温度 (°C) 40 40
セット内容 7 6
音圧レベル(dB) 82 65
定格電圧 50/60Hz 共用 50/60Hz どちらか規格にあったものを購入

 

比較ポイント

洗浄効率

素早くキレイにするためには『洗浄効率』が重要!

この洗浄効率は、『吐出圧力』と『吐出水量』をかけて計算することができます

この数値が高いと、洗浄スピードが速いということになります

 

BLUE CLEAN 391PLUS

10(吐出圧力)×420(吐出水量)=4200(洗浄効率)

 

KARCHER サイレント K3SLB

10(吐出圧力)×360(吐出水量)=3600(洗浄効率)

 

洗浄効率がBLUE CLEAN 391PLUSの方が高いので、K3より威力が高く、早くキレイになる!ということですね

 

サイズ・重量

サイズはケルヒャーの方が小さいです

それもそのはず、BLUE CLEAN 391PLUSは本体の上にホールリールがくっついているからです

本体自体はそんなに大きさは変わらないです

 

重量も、アクセサリー含むとほとんど変わらないくらい!

 

なので2つの違いは、ホースリールを取り外して格納したいかどうか?がポイントですね!

 

セット内容と価格

価格は¥500ほど、BLUE CLEAN 391PLUSが安い結果となりました

amazonだと、BLUE CLEAN 391PLUSは通常価格が3万円ほどなので、コストコが激安すぎたのかもしれません・・・

 

BLUE CLEAN 391PLUSは『ワンタッチ蛇口』もついていて、オプションでつけると高額なベランダクリーナーもセット内容に含まれます

しかも、KARCHER サイレント K3SLBよりセットアイテムが+1多いので、かなりお得です!

 

静音性

こちらは、K3の方が-17dB低い結果となりました

このdBの数値が低いほど、静かだということです

 

騒音レベルをほかのものに当てはめると、

BLUE CLEAN 391PLUS(82dB)・・・ 
地下鉄の車内(窓を開けたとき)・ピアノの音級の騒音

 

KARCHER サイレント K3SLB(65dB)・・・
掃除機・騒々しい街頭級の騒音

 

マンション等で使う場合は、周辺との距離もないので、

KARCHER サイレント K3SLBが向いています

 

一軒家の場合は、お隣とピッタリくっついていない限り、

どちらでも『お、高圧洗浄してるなー』と感じるレベル

やはり”静か”とはいかないので、使う時間は選ぶ必要があると思います

 

定格電圧

対応している電圧が東日本と西日本で違うので、

ケルヒャーは東日本にお住まいなら50Hzの規格のものを

西日本なら60Hzの規格のものを購入しなくては使えません

 

BLUE CLEAN 391PLUSは50/60Hz両方に対応しているので、

引っ越し等があっても、買い直しをしなくていいというメリットがあります!

 

ケルヒャーK3との比較まとめ

洗浄力:BLUE CLEAN 391PLUSの圧勝

サイズ:引き分け

価格&セット内容:2万円以下ならBLUE CLEAN 391PLUSがお得

静音性:K3の圧勝

定格電圧:BLUE CLEAN 391PLUSの勝利

 

 

次にパワフルで洗浄力の高い

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K 4 サイレント ホームキット(50Hz)との比較

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K 4 サイレント ホームキット(50Hz)

商品名 BLUE CLEAN 391PLUS KARCHER サイレント K4
電源(V) 100 100
最大吐出圧力 (MPa) 10 11
吐出水量 (L/h) 420 400
サイズ(長さ×幅×高さ) (mm)  340×418×863 349 x 427 x 867
重量(kg) 12.4(アクセサリー含む) 19.4(アクセサリー含む)
消費電力(W) 1400 1350
価格 ¥ 18,300(COSTCO) ¥ 34,800(amazon)
最高給水温度 (°C) 40 40
セット内容 7 6
音圧レベル(dB) 82 75
定格電圧 50/60Hz 共用 50/60Hz どちらか規格にあったものを購入

比較ポイント

洗浄効率

K4とBLUE CLEAN 391PLUSで比較していきます

BLUE CLEAN 391PLUS

10(吐出圧力)×420(吐出水量)=4200(洗浄効率)

 

KARCHER サイレント K4

11(吐出圧力)×400(吐出水量)=4400(洗浄効率)

 

洗浄効率はK4の方が若干、上!

 

3つの商品で比較すると

K4BLUE CLEAN 391PLUS>>>K3

というイメージです

 

サイズ・重量

サイズは、数値上同じような大きさに見えますが

BLUE CLEAN 391PLUSはホールリールなどすべてが本体にくっついていて、この大きさ

一方、K4は本体のみで、BLUE CLEAN 391PLUSと同じ大きさなので

バカでかい

そして、重量も19.4kgとBLUE CLEAN 391PLUSと比べると

7kgも重い

ちょっと2Fのベランダに持っていくには男性でもキツイかも・・・

 

セット内容と価格

価格はBLUE CLEAN 391PLUSが¥16,500安い結果に!

amazonでの価格で比較しても、¥4,800ほどBLUE CLEAN 391PLUSの方が安いです

 

セット内容もK4の方が6点と1点少なく、

しかもそのセットのうち1点は洗剤なので、付属パーツが減っています

 

静音性

こちらは、K4の方が-7dB低い結果となりました

 

BLUE CLEAN 391PLUS(82dB)・・・ 
地下鉄の車内(窓を開けたとき)・ピアノの音級の騒音

 

KARCHER サイレント K3SLB(75dB)・・・
騒々しい事務所、電話のベル、騒々しい街頭級の騒音

 

正直、どちらも間近で音を聞けば、”うるさい”!

使用する時間を選ぶ必要がありますね

 

定格電圧

K4も、K3と同様に電圧が50Hzのものと60Hzのもので製品が分かれているので、

引っ越し等があった場合、対応する電圧の商品に買い替えが必要となります

BLUE CLEAN 391PLUSは50/60Hz 共用なので、安心!

 

ケルヒャーK4との比較まとめ

洗浄力:K4の辛勝

サイズ:BLUE CLEAN 391PLUSの辛勝

価格&セット内容:BLUE CLEAN 391PLUSの勝利

静音性:K4の勝利

定格電圧:BLUE CLEAN 391PLUSの勝利

 

いくらからBLUE CLEAN 391PLUSは”買い”なのか?

BLUE CLEAN 391PLUSは洗浄力で比較すると、ケルヒャーのK4クラスなので、

¥ 34,800(K4の価格)より安ければ、『買い』だと思います

 

さらに言うと、amazonのセール価格も考慮して、

3万円を切っていたらお得!

2万円を切っていたら逃しちゃいけない!!という感じです

コストコでの通常販売価格が¥21,800なので、2万円切ったらスゴイいい買い物ですよー!

 

ただ、セールを待ちすぎてなかなか購入できず、私は1年くらい手で掃除していて

その時に、『この掃除時間、時給換算したらセールの割引率より高いんじゃ!?』と思ったので、

買いたいと思った時が買い時かもしれません・・・

 

 

 

 

 

 

 

BLUE CLEAN 391PLUSはどんな人にむいてる?

▶一軒家に住んでいる

▶洗浄効率>騒音

▶安くてパワフルな高圧洗浄機が欲しい

▶こまめに掃除する時間がない

▶本体のビジュアルも大切

▶引っ越しをするかもしれない

 

私は、こまめに掃除できないタイプなので

このBLUE CLEAN 391PLUSにすごく助けられています

 

汚れをうっかりためても、ズバッと落としてくれるし

パワフルな洗浄力でこすらないでキレイにできて、ホントに魔法のアイテムです

年末の大掃除もこれがあれば、億劫にならないで済みます♪

 

もし、迷ってるなら

「掃除がめちゃくちゃ楽になるから、2万円以上の価値は十分にある」ということはお伝えしたい!

 

まとめ

BLUE CLEAN 391PLUSはイタリアの大手メーカーが、全世界で累計100万台以上の販売実績を誇るきちんとした製品でした!

 

使ってみても、豊富なアタッチメントでどんなところでもお掃除できて、

なにより、水導圧約40倍の威力でグングン汚れを落とします

 

ケルヒャーシリーズと洗浄効率を比較すると、

K4≧BLUE CLEAN 391PLUS>>>K3

K4クラスの洗浄効率!

 

これだけの洗浄力なのに価格は安く、手が出しやすいので

BLUE CLEAN 391PLUS 本当にオススメですよ!

アノービリバベリー社:AR BLUE CLEAN 391PLUSキャンペーンセット 391PLUS-SET 型式:391PLUS-SET

 

ミナでした、またねー!

 

 

 

 

 

 

ホーム&キッチンカテゴリの最新記事